読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際化ってどんなこと?

国際化について色々と考えてみて、ネットやらなんやらで調べてみたけど中々難しい。

 

国際化を少し引用するとこうらしい。

「国際化は日本対アメリカ、日本対中国など日本がほかの国とどう対するかという意味」

うーん。

つまり、自分の国のみの立場からの解決はとても難しいから、自分たちの国の常識とか価値観にとらわれず、広い視野をもって、他の国の異文化との交流を深めて支えあって生きてかなくちゃダメ!ってこと。

 

例えば国際化の一つの「医療ツーリズム」について書いてみる。

医療ツーリズムってなに?って思う人もいるし、自分でも分からなくなるといけないから一応書いとく。

医療ツーリズムは、医療観光だったり、メディカルツーリズムとも呼ばれてて、主に安い手術代や投薬費、高度医療技術、臓器移植、整形手術、健康診断など、自国では不可能、高価、求めている結果が得られない医療を受けることを求めて、先進工業国の患者や途上国の富裕層患者などが他国へ渡航するものが中心である。

ってwikiから少し引用したけど、これまた難しい。

 

例を交えて説明してみるとこういうこと!

1番最近の話だと、タレントで振付師のKABAちゃんが性転換手術とボイスチェンジ手術をタイしていて、今は女性らしくなったkABAちゃんをテレビでみることができる。お金はお店にもよるけど、KABAちゃんの手術はだいたい200万円くらい。なかなか高いー。

とりあえずKABAちゃん手術成功おめでとー!

 

こんな感じで、自分の身体のことであったり、自分の親類などが手術するけど日本じゃ高いとか、手術自体やってないとかってなったりした時に、お金はかかるけど海外だと適応しててやれる!ってなった時にする感じ。

 

なかなか医療の国際化って難しいけど、日本はこういうことに取り組んでいかなくちゃいけないよなー

じゃないと他国に置いてかれちゃうーってやつだね。